金融転職サイト情報

 当サイトへお越し下さりありがとうございます。お金を扱う金融業を目指す方は、責任感があり真面目な方が多いと思います。転職活動もこのまま真っ直ぐに行いたいところですが、当サイトでは求人数が少ない金融業の仕事を探すコツを紹介させていただきます。
 「求人情報を何処に求めるのか?」それは求人サイトです。登録しておけば、企業から貴方へのアクションがきますので、自分の市場価値もそこで判断ができるシステムとなります。どのサイトに登録するかは、当サイトが行った「転職サイト利用アンケート」を参考にして下さい。

※上記ランキングはこちらの調査結果より発表しています。

リクナビNEXT転職の定番サイトはココ

  • 転職サイトで最も利用されている人気No1のリクナビNEXTです。
  • 利用者が多いため金融関係は網羅しています。
  • スカウト機能がありますので、企業からのオファーを受けることもあります。



リクナビNEXTの口コミ評判:

銀行勤めをしていましたが人間関係に悩み転職することに。スカウトを待つという項目が気になって、経歴を作成・登録完了。その数日後には近隣の金融企業から打診がありました。思ったよりスピーディな転職ができそうです。(20代 男性)



リクナビNEXTの良いところは業種別に探しやすく見やすい点だ。転職活動は、いかに短期間で良い情報を探せるかが問われるがリクナビNEXTは合格。 金融業も様々な企業求人が載っていて、転職の幅が広がる。市場価値を試せるのもいい。 未経験歓迎の欄にチェックを入れるだけで、応募できる企業が一目瞭然。 来週の水曜日の更新を待って、応募する企業を絞ろうと思う。(30代 男性)



金融業として働いていたので、同業他社を探しました。一つ気になったのが、同じ企業の求人情報が幾つも掲載されていることです。掲載企業数が多いと噂のリクナビNEXTだっただけに、少し残念です。(30代 女性)



リクルートエージェント[会員様だけに公開する金融関連求人が多数]

  • リクナビNEXTのキャリアコンサルタントサービス特化版
  • コンサルタントがあなたの要望にばっちり答えます
  • 今すぐ転職する意志はなくとも、相談だけでもOK。
  • 証券関連、銀行関連の転職に強い



リクルートエージェントの口コミ評判:

外資系金融会社のバックオフィスで勤務していましたが、 社内でリストラが激しく長く働きたくて転職を決意。 語学とCPAの資格は持っていましたが、日系企業の管理部門で受け入れてもらえるのかどうか、 また自身もやっていけるのかどうか相談しました。 求人数は多いと聞いていましたが、僕のスペックからあまり多くの求人を紹介してもらえませんでした。 業界経験がなかったため、コンサルタントから色々とアドバイスをもらい 年収は多少落ちたものの、何とか事業体の管理部門に内定をもらえました。(20代 男性)



証券会社で営業をしていましたが、会社の業績が芳しくありません。転職市場は35歳が一区切りを聴いていたので、思い切って転職しようと相談しました。 事業会社の営業を考えていましたが、年収が合わず躊躇してしまいました。年収を落とさずに営業としてやっていける業界を相談したところ、製薬会社のMRで内定をもらいました。早々に相談してよかったです。(30代 男性)



求人数が多いと評判だったので登録してみた。確かに紹介してくれる求人数は多かったものの、 これまでの知識や経験が活かせる金融業界の営業希望といっているにも関わらず、IT業界やMRの営業の求人を紹介された。(30代 男性)



コンサルタントが若く金融業界のことを全く知らず話にならなかった。 ある程度業界の噂でどこの会社がリストラするとか、 システムがよくないなど知っていたので紹介してくれる求人で満足のいくものはなかった。時間の無駄だった。 (30代 男性)



  • マイナビエージェントでは専門のコンサルタントが条件にあう転職先を探してくれます。
  • 非公開求人を多く紹介できるため、他の求人サイトには掲載されていない案件を用意できる。



マイナビエージェントの口コミ評判:

この不況下とはいえ前職の年収が100万円ダウン。営業所の閉鎖の噂まで出てきたので早めに転職活動を始めました。30代後半の転職は難しいと言われましたが、金融業界の経験も長く、それなりのポジションにいたので、自信を持っていました。ですが現実問題、なかなかご縁がいただけず、すっかり自信を失くしていました。さまざまなエージェントを利用しましたが、マイナビエージェントが一番サービスが良いと思います。ただ待つだけでなく、自分からアクションを起こせるのもいいですね。最終面接まで行ける求人は、全てマイナビ転職エージェントからの紹介です。(30代 男性)



今回初めての転職でした。リクナビエージェントと併用しましたが、マイナビエージェントはサポートがすごい。経歴書の添削は本当に為になりました。第一希望だった金融関係の仕事に就くことができました。コンサルには遠慮せずに、自分からあれこれ聞いていくスタンスの方がいいですね。(20代 男性)



新卒時よりずっと金融業界で働いています。キャリアアップを兼ねて転職先を探していました。急ぎではなかったので気長に探していました。私のわがままにもマイナビエージェントの担当の方は融通を利かせてくれました。長い時間をかけての転職活動でしたが、最後までお付き合いいただいた担当の方には本当に感謝しています。(30代 男性)



各種転職エージェントを利用しているが、マイナビエージェントからのアプローチがいちばん多い。それだけ熱心なんだなと感じる。ただ知り合いは担当者がやる気がなく、違うところで決めていたと言っていた。当たり外れがあるのは問題かもしれない。ともあれ自分は、マイナビ転職エージェントで転職するつもりだ。一般の求人サイトには載ることが少ない金融業界に強いのがうれしい。(30代 男性)


アデコ

アデコ株式会社はスイスに本社を置く総合人材サービス会社で、日本国内でも30年近くの歴史があり、業界内での確固とした地位を築いています。金融業界からの求人も多くあります。ネット上でも金融業界からの求人閲覧もできますが、登録後に金融経験者向けに非公開で紹介される非公開求人を紹介してもらうこともできます。



アデコの口コミ評判:

前職でアデコからの派遣された優秀な派遣さんがいたので名前だけは知っていました。当時アデコは派遣会社だと思っていましたが、転職紹介もされていたので登録してみました。業界に精通した担当者から非公開求人を紹介頂き無事転職することができました。(37歳・男性)



将来的なキャリア形成を考え、外資系金融会社への転職を考えていました。外資系で金融業界にも強いアデコに登録したのはそのためです。納得のできる転職を望んでいたので時間がかかってでも良いポジションを探すつもりでした。タイミングが良かったのか思ったより早く転職することがで来ました。(32歳・女性)



大手人材紹介会社に複数登録しました。その中ではアデコの対応はまあまあ良かったです。ただタイミング的に他の人材紹介会社の方に分があったのか、他社からの紹介求人へ就職が決まりました。(26歳・女性)



地元へのUターンを希望して転職活動をはじめました。地方の金融業界がどんな状態なのか未知数だったので、業種変えも止むなしの思いで就職活動を始めましたが、アデコは地方の求人も多く、同業他社への転職が決まり助かりました。(36歳・男性)


金融業界の仕事とは?また、転職事情について

金融業界の転職事情


金融業界は主に銀行、証券、生損保、クレジットカード、リース、不動産などの業界に分割されて、それぞれの業界の中でも業務内容はフロント、ミドル、バックと細分化されています。

2009年のサブプライムローンを皮切りにリーマンショック以降金融業界は、外資系企業が大きくリストラや撤退をし、大手証券業界は、金融危機の影響で各社大幅な減収減益を記録した結果、大規模なリストラを行い、事業縮小や合併などで業界再編を行いました。2012年は大手都市銀行においても数千名規模で人員削減計画が打ち出されているなど、金融業界全体でダウンサイジングが加速しています

しかし、銀行や証券業界の営業職として経験があれば、業界に関係なく銀行や証券、保険会社の個人向けのリテールビジネスへの転職が可能です。銀行の法人融資経験や証券会社で投資銀行業務経験がある場合には、事業会社の財務マネージャーや、新興系の上場企業やベンチャー企業の管理部門への転職が可能です。大手投資銀行やFAS系コンサルティングファーム経験がある場合には、事業会社のM&Aチームや経営企画などへのキャリアチェンジが可能になります。

業務改善や事業戦略で支援する戦略系コンサルティングファームや、M&A戦略の立案・M&Aアドバイザリー・PMIまでを一貫して支援するコンサルティングファーム、再生系コンサルティングファームでは、金融業界出身で30代前半までで地頭がよくポテンシャルがあれば転職が可能になります。

また、金融業界出身で20代であれば、事業会社や新興系上場企業やベンチャー企業を中心にポテンシャル採用の門戸が開いています。いずれにしても金融業界内の転職は、20代ならポテンシャル採用も可能ですがそれ以降の場合には、金融から派生した業界での転職がおすすめです。


金融業界を目指す方に読んでほしいおすすめナビ