事務職の転職の心得は?

事務職の転職の心得は?

 

.現在総合職として働いていますが、事務職に魅力を感じて転職を考えています。転職について心得ておくことについて教えてください。


 

 

 

 事務職にはさまざまな業務内容があり、企業によって仕事の進め方や担当領域が異なります。

 

 営業事務は営業活動に関わる事務全般を担当するため、商品の受発注や、在庫、納期管理、売上伝票や請求書作成、データ入力など担当するため、スピーディーに対応できるコミュニケーション能力が重要になります。

 

 一般事務では、電話応対から文書作成、来客応対、福利厚生等様々な雑務を担当するため、ベンチャー企業から中小企業で総務事務や経理事務まで広範囲で業務を行うため効率的に業務を進められる能力が必要になります。

 

 大企業の事務職は職務範囲も非常に狭く、社内でキャリアアップは難しい傾向があります。

 

 一方、ベンチャー企業では、意欲や自発性があり、仕事ができる人には業務を任せる風土が強いため、一般事務として入社しても、必要な知識や経験スキル、資格取得によっては社内異動もできるため、経理事務や営業としてキャリアアップすることは十分に可能です。

 

 いずれにしても、事務職で転職する場合には、資格やスキルとしては、ExcelやWord、パワーポイントなどのPCスキルや、TOEICスコア、簿記などの資格を取得しておくと高い評価になります。

 

 また、面接ではこれまでの業務上の経験や、業務の効率化のために工夫した点などを具体的に伝える必要があります。

 

 事務職で転職する場合、転職後にキャリアアップできる体制かどうか、自身の希望に合う企業かどうかをしっかりと確認して転職する必要があります。

 

 

リクルートエージェントの評判 リクナビNEXTの評判