金融転職できるケースと難しいケースとは

金融転職できるケースと難しいケースとは

 

金融業界内で転職する場合に転職しやすい職種や業界はありますか


金融業界を大きく分けると、銀行・証券・投資顧問、生命保険・損害保険・不動産、コンサルティングに分かれるため、求められるスキルはそれぞれ違い、また業務の進め方や給与も日系と外資で異なります。

 

 基本的に金融業界では、未経験者採用枠では新卒を育てるつもりで採用しますが、転職の場合には職種や業界の専門的スキルや資格、顧客の有無、年齢によりマネージメント経験が求められます。

 

 しかし、景気が良い時代には、金融業界未経験でも学力が高い大学出身者であり、金融に関係する資格を保有し、語学が堪能であればアシスタントとして採用を行っていました。
 また、景気に関係なく不動産業界の営業職では、業界未経験でも採用している会社もあります。さらに、住宅関係の営業経験があれば住宅ローン関連の知識を利用して転職することは可能です。

 

 戦略コンサルファームの採用ではケーススタディ・テストがあり、新卒の場合、論理的な思考ができてかつ体力があれば採用されます。転職の場合には業界経験がなくても35歳以下で、年下の上司の下で一日20時間勤務できる覚悟やタフさがあれば転職することはできます。

 

 金融業界で外資系企業に転職するためには、基本的には上司、友人や知人の紹介かヘッドハンター経由で転職すると、年収が上がり条件的には申し分のない転職ができます。
 ただしリーマンショックやユーロ危機以降は、外資系企業の採用を香港で行うことが多くなり、日本での採用枠を縮小しています。合併やシステム化、アウトソーシングによりポジションの激減が目立っています。

 

 以前は花形であった金融業界も、近年では傾斜産業になりつつありますので、転職する際には注意が必要です。

 

 

リクルートエージェントの評判 リクナビNEXTの評判