人気の金融業界へ就職するには?

人気の金融業界へ就職するには?

 金融業界は新卒者の就職希望の常にトップに入っている人気の業界です。実際の金融業界での業務内容と就職情勢について、まとめておきます。

 

業務内容と就職情勢

 

 13歳のハローワークによると、金融業には種類があり、銀行、信用金庫、信用農業協同組合、ノンバンク、保険会社(生命保険など)、証券会社、政府系金融機関などの種類があると紹介されています。

 

 金融という言葉の語源はお金を融通する、という言葉から来ています。なので、銀行などの融資などが最初の意味でしたが、現在では社会全体にお金を回していく仕事として捉えられています。

 

 

 金融業界にはもちろん営業がありますが、その営業の対象となるのは大企業から個人、特定少数から不特定多数と非常に幅が広くなっているのも特徴のひとつです。最近、人気のあるフィナンシャル・プランナーなども金融業界の中で働く人です

 

 これまでは金融業界へ就職すれば一生安泰、終身雇用という時代でしたが現在では必ずしもそうとは言い切れない部分があります。成果主義を導入する企業も増えましたし、そもそも就職することが困難であるケースも少なくないのです。実力のある人だけを中途採用している企業もありますので、金融業界への就職はハードルが非常に高いと言えるでしょう。

 

金融業界へ入るには

 

 金融業界は現在でも人気が高く、高給取りであることは間違いありません。しかし、就職をするのなら学生時代から有名大学へ入学するなどの努力が必要になります。知識を積み重ねることができ、資格勉強などもできると自信を持てるのであれば非常に良い就職先だと言えます。 

 

リクルートエージェントの評判 リクナビNEXTの評判