企業探し・自己分析・書類作成それぞれのポイント

企業探し・自己分析・書類作成それぞれのポイント

 金融業界で転職を行う場合には、年代によってはどれほど業務経験や資格、スキルがあっても転職できるセクターが限られているため難しい場合があります。特にリーマンショック以降には、証券会社や投資顧問、保険会社の合併が多かったため金融業界全体のポジションにも限りがあるからです。それでもポジション次第ではチャンスがでてきます。金融業界での会社の探し方から、自己分析、書類作成までステップをおってご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

 

会社をさがそう

 金融業界の求人は専門職が多いため、会社を探す場合には、年齢、経験業界、スキル、資格によって転職できる職種や業界が限られてきます。また、ネット上に掲載されている求人は、ポテンシャル求人を募集していることが多く、場合によっては学歴、語学や資格などによって異業界や異業種に転職することもできます。

 

 しかし、一般的な転職としては、金融業界専門の転職エージェントやヘッドハンター経由で転職するか、元上司や友人、知人経由といった人脈で転職することが多い業界といえます。また、銀行出身者は企業の財務諸表を読んでいることもあり投資銀行や、投資顧問、不動産業界などの異業界から人気があります。

 

自己分析から可能性を見つけ出す

 金融業界で転職する場合には、経験職種や語学をベースに同職種から他企業に転職するという、単に勤務する企業だけが変わる転職が一般的です。それでも、転職する場合には、一度これまでの経験やスキル、強み弱み、モチベーション、今後の展望について自己を見つめることから、これまで見えなかった可能性をみつけることができるかもしれません。

 

 そこで、自己分析する場合には、ネット上の自己分析シートを利用していく方法と、同業界にいる友人や知人、同期などから仕事ぶりや人柄を評価してもらうのも良いでしょう。己を知ることが一番ですから、同職種で他企業に転職するだけではなく、他業種に転職できるあらたな可能性が見つかるかもしれないからです。

 

必要書類を作成する

 金融業界で転職する場合の応募書類は、日系企業では履歴書と職務経歴書を、外資系では職務経歴書と履歴書を兼ねて英文レジュメが必要になります。基本的な書き方としては、具体的な業務と実績、プロジェクト成果、受賞歴や表彰歴、マネージング経験をきるだけ簡潔に記載します。何ができて何ができないのか求められる職種に合わせて記載する必要があります。

 

 

リクルートエージェントの評判 リクナビNEXTの評判