採用の重要ポイントである面接の準備

採用の重要ポイントである面接の準備

 転職活動や就職活動で、最も要となるのはズバリ「面接」です。面接では、書類審査と違い、あなたの受け答えや身だしなみ、人柄等が厳しくチェックされています。

 

 金融業界への転職を考えている人にとっても、面接は最大の難関です。特に金融業界は、人柄を大切にしている為、身だしなみや言葉使いにも厳しい傾向にあります。今回は、金融業界への転職を成功させる為の面接攻略ポイントについてを、詳しく紹介していきたいと思います。

 

なぜ金融業界への転職を希望したのか?

 書類審査が通れば、面接へとコマを勧めますが、この面接が転職活動にとって、最大の難関でもあります。この最後の難関を突破する事が出来れば、晴れて憧れの金融業界の一員となりますが、接客業でもある金融業界では、その人の人柄を最も重視しています。

 

 特に転職者の場合、前職からなぜ金融業界への転職を決めたのかについてを質問してくるでしょう。金融業界へ転職を決めた理由についてを、明確にしておく事が必要です。

 

 また、長すぎる自己アピールは失敗の元です。自分のアピールポイントは要所でまとめておくと、面接時に自分の長所について聞かれても、スムーズに受け答えする事が出来ますよ。

 

面接時の受け答えも重要な採用ポイント

 意外な落とし穴とされているのが、面接時の受け答えです。予想外な質問をされた時等、人はパニックに陥ってしまいがちですが、そんな時こそアピールする最大のチャンスです。どんなにパニックになってしまっても、場を沈黙させない事が重要です。多少支離滅裂でも構わないので、しっかりと言葉を繋いでいきましょう。

 

 また、緊張する時に出てしまうクセがある人は、そのクセが出ない様に注意して下さい。例えば、緊張した時に貧乏ゆすりをしてしまう等といった、人を不快にさせるクセがある人は様注意です。面接時での受け答えの仕方次第で、合否が決まると言っても過言ではありません。見本通りの受け答えでは、面接官も警戒してしまうので、自分の考えと言葉で受け答えする様にしましょう。

 

会社を出るまでが面接だと心得ましょう

 ありがちなのが、面接が終了した途端、携帯で友達と連絡したり、ゲームやメール・簡易音楽プレーヤーで音楽を聞く姿を見かけますが、これはNG事項として覚えておきましょう。面接時以外の行動も、面接官はチェックしている時があります。会社を出るまで面接は続いていると考え、面接後も気を引き締めておく事が重要です。最終面接が通れば、内定を貰う事が出来ます。

 

 

リクルートエージェントの評判 リクナビNEXTの評判