金融業界へ転職を成功させるための第一のステップ

金融業界へ転職を成功させるための第一のステップ

 

 金融業界で転職を始める場合、さまざまな準備が必要になります。まずは、それぞれのステップでしっかりと準備をして転職に臨むことが転職を成功させる秘訣です。そのためには、事前にしっかりと情報収集をして、自分に必要な情報とそうでないものを整理することから始めましょう。

 

 

業界ごとのタスク

金融業界の転職では、銀行、証券、保険、投資顧問と分かれそれぞれ役割が異なります。その中でもフロント、ミドル、バックとさらに業務は細分化されているため、自分がどこで何をしてきてどんな資格を保有しているのかによって転職先は限られてきます。また、語学がどの程度できるかによっても転職先が日系、外資系企業と分かれるだけではなく、選択肢にも差がでてきます。

 

 そこで、金融業界で転職するためには、自分の業務の棚卸を行います。そしてどんな資格を保有していて、転職先でこれまでのキャリアをどのように活かせるのかを明確にしておく必要があります。また、年齢によっては、ジュニアやアシスタントとして転職することもできますので、求人要項をしっかりと読み説く必要があります。

 

 

転職への第1ステップとしてやるべきこと

 キャリアの棚卸を行い、企業や業界情報を収集して必要な資格やスキルを確認して自分のキャリアをどのようにマッチし、今後成長できるのか自己分析をします。
  例)企業、業界、職種研究、同僚や知人から情報収集

 

 サイトや転職支援会社に登録して情報収集と求人検索をします。

 

 実際に、書類を作成して面接準備行います。
  例)履歴書、職務経歴書の作成、面接対策

 

どれだけ情報収集しているか、どの程度職種について理解しているのかが面接の合否を左右しますので、ネットやエージェントからできる限り必要な企業や担当者情報を収集しておくとよいでしょう。

 

転職活動期間

 金融業界の転職活動では、年齢により転職までの期間は異なります。一般的に面接回数は、3回から4回程度行われるため、効率的に活動を行う必要があります。目安としては、3か月から半年に設定しておくと集中して転職活動が行えます。しかし、業界内でも人が流動しやすい時期もあるため、転職しやすい時期と現職との兼ね合いをみながら、転職活動を行うと良いでしょう。

 

応募に際しての心構え

 転職では、ポジションが空かないと求人は出てきませんので、興味がある求人があれば、まずは応募してみると良いでしょう。実際に応募してみると、1週間程度で選考結果がでてきます。

 

 いつでも面接にいけるように、企業分析と面接準備をしておく必要がでてきます。また、1社受けてすぐに内定まで進んでしまうと、転職先の優劣を比較することができないため、できれば最初に5~10社程度うけて結果を待つのが一般的です。