トレーダーとして金融業界を生き抜いていく

トレーダーとして金融業界を生き抜いていく

 

 

1.トレーダーが働く職場と取り扱う商品

 ここ10年程で、個人のトレーダーが多く誕生しました。しかし、金融業界では、為替、デリバティブ、債券などでトレーダーと呼ばれて日々の、値動きを利用して売買を行うプロのトレーダーが存在します。しかし、銀行、証券会社、保険会社、投資顧問などによってその仕事内容や年収などは全く異なります。また、その日の取引の時価により損益がはっきりするため成果を求められるため、非常に厳しい世界となります。

 

2.金融業界のトレーダーの資質とは

 トレーダーは、その扱う商品にもよりますが、近年では高度な金融工学を利用したシステムを利用して取引を行うことが多いようです。そこで、求められ素養としては、理数系の学部を卒業した人材が多く存在します。また、トレーディングの世界では、マーケット感覚のようなそれなりの経験が必要となります。そのため、いきなり業界経験がない新卒では、アシスタントから入ることが一般的です。
そこで、トレーダーが日々行っている取引のポイントは下記となります。

  • 日々の値動きの中でもトレード手法のルールを守ること
  • 資金管理やリスク管理ができるシステムに強いこと
  • 連戦連勝ができる人はいないため、冷静な判断ができること

 

3.トレーダーの寿命と転職事情

 自分の適性によってトレーディング手法も変わります。未経験でトレーダーになるには、理系の素養と学歴、語学力があればネット証券や小さな投資顧問であれば、可能性があります。金融業界は、広くて狭いため以外とつながっていることも多く、誰がどこで働いているのかが、使用しているシステムや噂でわかるようになっています。そのため、トレーダーの転職では、業界内での紹介が多くなります。しかし、場合によっては、金融専門の転職エージェントやヘッドハンターが求人を取り扱っていることもあります。

 

4.まとめ

 金融業界ではトレーダーとして定年まで働ける人は、銀行か保険会社などに留まり非常に少ないのが実情です。また、今や世界中の市場のトレードが時間外でもできるようなるため、実際の業務はマーケットとともに生活リズムが出来上がります。また、連勝できる人はいないため、利益を出せない場合でも落ち込むことなく、ルールに従いトレーディングができる精神力が求められます。これらを踏まえて、転職する場合には生涯年収をペイできるかどうかも含めて考える必要があります。

 

 

リクルートエージェントの評判 リクナビNEXTの評判