メンタルもカラダもボロボロ?金融業に携わる人にピッタリな体調管理方法とは?

金融業に必要な気力と体力は日々の体調管理から

 金融業に携わったことがない一般の方は、時間的に規則正しく、頭は使うが、さほど大変なイメージをこの業界に持たないかもしれません。そうではないことは、あなたがよくわかっているはず。

 

 転職をして働く環境が変われば、それに伴って人間関係や働き方、勤務時間なども変わってくるでしょう。それに対応するには、気力や体力の充実を図れるような体調管理が欠かせません。

 

 自らが目指す転職先に合わせて、そうした体調管理を見直すことも検討してみることをお勧めします。

 

 

ストレスを和らげてくれる食べ物とは?

 金融業で働く人によく見られるのが、ストレスに見舞われている状態。そんな時は、ストレスを和らげるとされているモノを口にしてみるといいかもしれません。
 ストレスは体調不良や病気の根源になるとも言われているので、身近な食べ物でその根源を取り除いておきましょう。

 

 カカオはストレス軽減に効果的という報告があります。チョコレート、特にカカオ分の高いチョコレートをちょこっと口にしてみましょう。あまり食べ過ぎると逆に健康にはよくないので、口の中で時間をかけて溶かすように食べる食べ方がお勧めです。

 

 その他、牛乳やヨーグルト、ごま、ナッツ類などにもストレス緩和の効果があると言われているので、おやつ代わりに口にし、健康な心の状態を常に保っておくようにしましょう。

 

 

いつでもできる簡単ストレッチを覚えておきましょう

 金融業は職種にもよりますが、座りっぱなし、あるいは立ちっぱなし、さらには外を歩きっぱなしという人が非常に多い。これでは身体にいいわけがありません。
 簡単にできるストレッチを習得し、そうした“ぱなし状態”から解放され、勤務中にも体調管理に気を遣えるようにしておきましょう。

 

 とにかく伸びる、これは効果的。拝むように指を組んだら、それを目一杯上に伸ばす、後ろにも伸ばす、前にも伸ばす。そして、身体も捻りましょう。腰を起点として左右にしっかりと捻り、身体のこわばった状態をほぐします。

 

 ストレッチ中は息を止めがちですが、ゆっくりと呼吸をすると自律神経に働きかけ、よりリラックス効果を得ることができます。
 こうした何気ない行動を仕事に取り入れると、疲れ方も変わり、健康を維持できていると感じることができるでしょう。

リクルートエージェントの評判 リクナビNEXTの評判